野球上達講座9:毎日の素振り

野球上達講座9:毎日の素振り に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前回の野球上達講座その8:バッティングの練習方法では、いろんなバッティング練習の方法についてでしたが、いかがだったでしょうか?

幾つかの練習方法を書きましたが、中でも一番身近で、何処でも出来る練習が素振りです。

どれだけ素振りを毎日する事が出来るかで、バッティングが上達するスピードが早くなると言っても過言では無いでしょう。

毎日素振りが続けられる様に習慣付けて下さいね^^

今回は、その素振りについて説明していきます。

まず、素振りをする時の注意点ですが、素振りをする時は、周りに人がいない事を確かめましょう。

また、友達などが素振りをしている時には、むやみに近づくのは絶対にやめましょう。

以上、周りに人がいない事を確認出来たら、素振りを始めます。

バットの握りは利き手が上です。力まず、柔らかくバットを握ります。

バットが重く感じた時には、グリップを余らせて短く握ってから振りましょう。

両足を肩幅くらいに開き、顔をピッチャーに向け、(この時ピッチャーが前にいる事をイメージします。)あごをひいて構えましょう。

下半身は、やや膝を曲げる様な感じでドッシリと、上半身はリラックスした状態を作ります。

①で構えて、②で軸足に体重を移して、③のタイミングで振ります。

イッチ、ニー、サンのタイミングで振るとリズム良く振ることが出来、ピッチャーの投球モーションとタイミングを合わせる練習にもなります。

肩や腕、手首の力でバット振ろうとせず、腰を中心にして体をキュッと回して振ってみましょう。

この時、腰を中心にして、足の親指に力を入れ、足の内側の筋肉を引き締める様にすると、体がキュッと回る様になります。

ピッチャーが投げたボールを打つイメージで素振りをすると、頭が動かず良いスイングが出来ます。

鏡や窓ガラスなどを利用して、映ったフォーム見たりすると、自分のフォームのチェックが出来て効果的だと思います。


どんなスーパースターでも、最初の一歩は素振りからです。

イチロー選手や松井選手の様に、野球上達していくのも、毎日の素振りからです。

頑張って素振りを毎日続けましょう。

私の知っている選手の中には、一日のうちに自分が納得いくスイングが出来れば1回だけで素振りをやめる選手もいます。

然し、納得がいかなければ、納得するまで何百回と振り続けます。

野球を始めたばかりの人、或いは、まだ少年野球の子供達ならば、ここまでの拘りは必要ないかも知れませんが、自分が納得できるスイングが出来る様に上達すれば、この様に拘りが出てくるのかも知れませんね。

とにかく毎日の素振りは、野球上達する為に本当に必要な練習なので、習慣にする事が大事です。



fc2
この記事が少しでも参考になったという方は、投票クリックお願いします。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yakyuujoutatu.blog105.fc2.com/tb.php/10-a7814070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。