野球上達講座19:ランニングの大切さ

野球上達講座19:ランニングの大切さ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

前回の野球上達講座18:スパイクの選び方(2)はいかがだったでしょうか?

スパイク選びは野球上達する為の道具選びと言う事だけでなく、体の成長や足を痛めない為にも重要だと言う考え方が大事だと思いますので、しっかり選んでくださいね。


今回は、野球上達講座「基本編」の続きとして、ランニングの大切さをお送りします。

野球上達する為に一番大事なこと、と言うよりあらゆるスポーツで強靭な足腰を作る事は基本中の基本です。

その為には毎日のランニングが基本のメニューとなってきますが、ただやみくもに走っているだけでも効果はあるとは思うのですが、用途に応じてある程度区別を行いながら走るともっと効果的に練習できると思います。

「何の為に走るのか?」と言う事を思いながら、練習を振り返って見る事も大事です。

このブログは「野球上達する為の野球上達講座」ですので、「マラソンが速くなる」あるいは「短距離が速くなる」を重点においていないと言う事を御理解下さい。

まぁ、頑張って毎日走っていれば体力が付いてきて足が速くなる事も望めますが、その為だけに走っているのではないと思ってください。

あくまでも「野球上達するための手段」と言う事を忘れずに。


野球上達する上で大事な事は、「持久力」も必要ですが「瞬発力」が大きなウェートを占めてくると思います。

走塁でのダッシュ、外野捕球での一歩目などが直接的なところではそう言ったことだと思います。

また、ピッチングやバッティングの時などにも足腰の強さが必要となってくることは大事なので、その為にも毎日の練習で足腰を鍛えるメニューを練習しましょう。


その中の一つの練習方法としてランニングがあります。

今回は3つのランニングメニューを御紹介します。


先ずは「50mダッシュ」。

50mでなくても構わないと思うのですが、体力測定などではよくこの距離を使うので、目安にすると良いでしょう。

十分にストレッチを行った後、50mの距離を測りスタート地点とゴール地点に目印を置きます。

「スタート」の掛け声をかけてもらい、全力でゴールまで走りきります。

この時、ストップウォッチなどでタイムを計る事が大事となってきます。

なぜかと言うと、ただ目標無く走ることとタイムを計りながら目標タイムを設定し、そのタイムを目指して走ることとでは集中力ややる気が変わってくるからです。

お友達を「ゲーム感覚」でタイムを競い合うと尚良いでしょう。

楽しんで練習を行う事がまずは大事です。苦しいと思いながら頑張っても中々続きませんので、いろいろとアイデアを出しながら楽しんで続けましょう。

走るときに大事な事は、まずは走り始めから「3歩目」までを思いっきりダッシュする事。

それに慣れてきたら「5歩目」「7歩目」と伸ばしていくと良いでしょう。
(奇数じゃなければならない事はありません。あくまでも目安と考えてください)



次に四角ダッシュ。

四角ダッシュと言う名称は特にありません。私が適当に付けた名前なので自由な呼び方で構いません。

50mダッシュと同じく広い場所があれば良いのですが、塁間の距離が取れる広さの場所があれば尚良いです。

塁間27.431m(中学生以上)、23m(学童)を測り、1塁からホームまでの四角形を作ります。

まずはホームから1塁へダッシュします。

一旦ホームへ戻り、今度はホームから2塁までダッシュします。

次にホームから3塁まで、ホームからホームへとダッシュをします。

行ってみれば「塁間ダッシュ」の練習ですね。


この時に気をつける事は、

・走り始めから「3歩目」までを思いっきりダッシュする事。

・ベースをイメージしながらカーブを上手くまわる事。

・走るときに余裕が出来る様になったら、打球をイメージして方向を確認しながら走る事。

大きくこの3点を注意しながら走ってみましょう。


出来れば友達と交代で牽制球を入れるマネをしながら1塁から2塁への走塁をするとか、バリエーションを増やしていくと良いですね。

また、ここでもタイムを取りゲーム感覚で友達を楽しみながらやる事が大事です。


3番目にスローランです。

決まった距離を走るのも良いですが、タイムを「30分」や「40分」と決めてゆっくりと走ります。

「30分間走」や「40分間走」をゆっくりと行う事によって、体のリズムを整えます。

呼吸も激しく「はぁはぁ」と切らしてしまう事よりも、規則正しく呼吸をしながら走るペースを考えます。

走っている間は楽しい事を考えたり、自分が「スパープレー」をしている事などを考えたり、あるいは景色を眺めながらリラックスしたりと自由な気持ちでいましょう。

間違っても「きついトレーニングなんだ」と思うような無理をしてはいけません。


以上3つのランニングを御紹介しましたが、どれも大事なのは「楽しんで練習」する事です。

野球上達する為には、きつい思いもする事があるとは思いますが、毎日のトレーニングの中で「きつい」を「楽しい」に変えて行くためには、お友達と一緒に練習したり、親子で練習の合間に楽しい会話をしたりと工夫しましょう。



fc2
この記事が少しでも参考になったという方は、投票クリックお願いします。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yakyuujoutatu.blog105.fc2.com/tb.php/21-6146ac20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
基本に忠実に地道に自主練習すること。それが実力をつける方法です。あなたも基本的なバッティングの理論を身に付けて子供や選手たちの良いコーチとなり威厳を見せてやりませんか?
(日) | 3日で一流の打撃コーチになれる指導法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。